一万円未満で真空管アンプが買える!TUBE-01J/03J+の使い方

真空管とは、大昔のオーディオで使われていた重要なパーツである。
今では、小さくて軽くて高性能な半導体が主流だ。

しかし今でも、何万円もする真空管アンプが売られている。なぜなら真空管には、オーディオで使うと独特の雰囲気が出るとされるからだ。

ところがNFJ(ノースフラットジャパン)の真空管アンプなら、一万円を超えることはないのでお買い得だ

単純にボリュームの調整が出来る「TUBE-01J」なら4,480円(税込み)、ボリュームに加えて高音と低音がコントロールできる「TUBE-03J+ 1」だと5,980円(税込み)である(2018年10月現在)。これに別売りのACアダプター(税込み780円)と送料を加えても、トータルで数千円程度と安く手に入るのだ

この真空管アンプを使って、独特なサウンドを、安く楽しんでみよう。

なお、このエントリーではTUBE-01Jの使い方を中心に紹介している。TUBE-03J+は、実際に買ってみたところ、組立方法はほとんど同じなので、併せて参考にしてほしい。

TUBE-01JとTUBE-03J+の使い方

スポンサーリンク

真空管プリアンプの組み立て

パッケージには、真空管プリアンプ本体と真空管が別々に納められている。そこで、箱から取り出して組み立てる必要がある。

エジソンによる電球の研究から発展した真空管は、本体がガラスで作られている。だから落として割らないように、アンプ本体のソケットに差し込む。アルファベットの「C」の形でピンが並んでいるので、写真のようにソケットの形に合わせて、まっすぐセットするのがコツだ。

ちょっと力を加えても動かなくなったら完成だ。

パソコン本体との接続方法

実は、NFJの「TUBE-01J」と「TUBE-03J+」だけでは音が出せない(これを「プリアンプ」と呼ぶ)。なぜなら、オーディオスピーカーとそれを動作させるアンプ(パワーアンプ)が別に必要だからだ。

お手持ちのCDやラジオなどが聞けるミニコンポや、最近はやりのBluetoothスピーカーに、アナログのオーディオ入力 2があれば、それを使うといいだろう。

なおアナログ(音声信号)とは、イヤホンやスピーカーなどに流れている「音声の電気信号」のことだ。

筆者の場合、真空管サウンドを楽しむため「PCスピーカー」を用意した。なぜなら、据え置きのデスクトップパソコンを使っているため、ノートパソコンのような内蔵スピーカーが用意されていない 3からだ。

スピーカーが内蔵されたノートパソコンでも、そのままでは真空管サウンドが聞けないので、用意したほうがいいだろう。

その辺にある大きめの家電量販店で、数千円程度で売ってあるので、是非とも用意してほしい。できれば、先ほどのBluetoothスピーカーなどのように、外部入力端子があるタイプが望ましい。

左のRCA端子にPCからの音声ケーブル、右にスピーカーへ通じるケーブルを接続

さてTUBE-01Jや03J+には、RCA端子とも呼ばれる赤白のピンジャックがある。

ライン入力にはパソコン、ライン出力にはスピーカーからのケーブルを接続しよう。

大抵のパソコンならヘッドホン端子(ミニジャック)があるので、変換ケーブルやアダプタ(ミニプラグ→ピンプラグ)を使ってプリアンプの入力へ接続するといいだろう。

DACのすすめ

音質にこだわりたいならば、サウンドカードDAC 4を用意するといいだろう。外付けにすることで、ノイズに弱いアナログオーディオの回路を、ノイズ源のパソコン本体から分離できる。

DAC-X5J正面 左からイヤホン端子、RCA端子、イヤホン音量

例えば、NFJが出しているDAC-X5J+なら、赤白のアナログ音声出力(ピンジャック)がある。オーディオケーブルの色 5に合わせて、プラグをピンジャックに差し込めば完成だ。

なおDACを経由して音を出したいときは、WindowsやMacOS上で「オーディオ出力(再生デバイス)の切り替え」を行う必要がある

 度重なるアップデートによって、次第に使いやすさを向上させつつある「Windows 10」。普段、何気なく使っているかもしれませんが、いつのまにか追加された新機能や知らずに過ごしていた便利な機能、隠れた機能なども存在します。本連載では、そんな知っておくと便利なWindows 10のTipsを紹介します。
Mac で、「サウンド」環境設定の「出力」パネルを使って、別のサウンド出力(ヘッドフォンやスピーカーなど)を選択します。

PCスピーカーとの接続方法

このPCスピーカー「Creative GigaWorks T20 Series II GW-T20-IIR」には、ピンジャックからミニプラグへ変換するアダプタが付属している。これに先ほどのオーディオケーブルを組み合わせて、真空管プリアンプの出力をPCスピーカーの入力へ接続するといい。

筆者が使っているPCスピーカー(ELECOM製MS-130BK)のように、ミニジャックしかない場合、ピンプラグからの変換アダプターやケーブルが必要だ。

さて、入出力のオーディオケーブルとACアダプターを接続したら、ボリュームを左側へ絞りきった状態で電源を入れる。

電源がONになった「TUBE-03J+」

真空管プリアンプを初めて使うなら、ヒーターをよく暖めるため、最低でも5分ぐらい待った方がいいだろう。なぜなら真空管は、内蔵されたヒーターで動作するからだ。だから使い始めた当初は、大した音質の変化を感じられなかったかもしれない。

よく真空管を暖めたら、プリアンプから先にボリュームを上げて、スピーカーのボリュームを調整する。そして好きな曲を再生するといいだろう。

TUBE-01Jの試聴

最近では、CDを超える音質とされるハイレゾがある。しかし手元にないので、あらかじめiTunesで取り込んでいたCDをいろいろ聴いてみた。

その中で特に良かったのが、映画「シン・ゴジラ」で使われた「Persecution of the masses(1172)/上陸」である。蒲田に上陸した気味の悪い生物(ゴジラ第二形態)が暴れて、街が阿鼻叫喚の地獄と化すシーン(まさに”大衆の迫害“の直訳どおり)で流れていた曲だ。

新作予告で繰り返し流れた、レクイエムのような悲しい曲を覚えている人もいるかもしれない。

これを真空管プリアンプ経由で聴いてみると、同じPCスピーカーとは思えないぐらい、音が良くなったのだ。具体的に書くと、高音の響きがグッと良くなり、今まで聞こえなかったオーケストラや合唱のパートまで聞こえるようになったのだ。

他にもアニメのサウンドトラック(例えば「新世紀エヴァンゲリオン(TV版)」で使われたBGM)なども聴いてみたが、オーケストラによるクラシック調の曲ととてもマッチしていた。

まとめ

真空管アンプは昔から知っていたが、とても高価で手が届かないイメージがあった。
しかし数千円で買えるNFJの真空管プリアンプなら、とても手軽に真空管サウンドを楽しむことができる。たまたま大阪の日本橋を歩いたとき、このアンプに出会って本当に良かったと思う。

最近の半導体からなるオーディオでは味わえない、独特な雰囲気の優しい音がなかなか良かった。

だが、PCスピーカーのような小さいスピーカーでは、音の迫力に欠ける
そこで筆者は、別にアンプとスピーカーを用意して、本格的なPCオーディオ環境を作ったのだ。

真空管プリアンプを買うついでに、NFJのオーディオアンプ(FX-AUDIO- D302J+)も購入して、オーディオスピーカーを用意した。これについては、また別の機会に書こうと思う。

Notes:

  1. 01Jにトーンコントロール機能がついた「TUBE-03J」の改良品。使われている真空管の規格が違ったり、トーンコントロール機能に多少の変更点がある。詳しくはリンク先を参照
  2. ライン入力やAUX入力などとも呼ばれる。詳しくは取扱説明書などで調べること。
  3. iMacなど、スピーカーが内蔵されているモデルもある
  4. Digital Analog Converterの略。外付けサウンドカードみたいなもので、パソコンの音声出力を担当する機器。
  5. 左(L)チャンネルが白、右(R)チャンネルが赤
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする